ペットロスについて

ペット ロス

ペットロスとは

ペットロスとは、「ペットを亡くした」という飼い主の体験、それによる悲しみのことを言います。そのため、ペットロスは全く珍しいことではなく、とても自然な感情です。
しかし、中にはそういった悲しみが重症化して、心の病や身体的な病気を患ってしまう人もいます。こういった症状をペットロス症候群(PLS)と呼ぶことがあります。

近年、「愛玩動物」さらには「伴侶動物(コンパニオンアニマル)」と呼ばれるようになるまでペットの地位が向上しました。加えて、近年の核家族化・少子化といった人間社会の環境変化が重なり、家族としてペットを捉える人が増えています。
こうしたペットの社会的地位の向上に伴い、獣医療やその他ペットサービスが発達したことで、ペットの平均寿命は近年増加傾向にあります。何年間も共に暮らしたペットは、家族も同然でその分だけ亡くなった時の悲しみも大きくなるのです。

ペットロスの際の心理状況や症状

ペットロスが起こると、飼い主は悲しみ、混乱、怒り、罪悪感、否認、抑うつといった感情に陥ってしまいます。

精神的な症状としては、

  • 孤独感や不安感が強くなる。
  • 何をするにも集中できず、落ち着かない。
  • 悲観的思考に陥る
  • 後悔の念に駆られ、罪悪感を持つ
  • 獣医や家族の判断を疑問に思い、責め立てる。
  • 亡くなったペットの姿が見えたり、声が聞こえたりすることがある。

等といったものがあります。

また、一般的に精神的な病と身体の間には深い関係があるため、身体的な病気に発展してしまう場合もあります。
身体的な症状としては、すぐに涙が出る、食欲不振・過食、不眠、下痢・便秘、吐き気、腹痛・頭痛、倦怠感、頭が重い感じ、肩こり、しびれ、めまい、難聴、やる気がおこらない、じんましん等があげられます。

ペットロスを悪化させてしまう原因

ペットを亡くした人は、どのようなことでペットロスを悪化させてしまうのでしょうか。
主な原因は、以下のようなことだと言われています。

  • ペットに依存し過ぎている
  • ペットの死を覚悟できていなかった
  • 最期を看取れなった
  • 感情を抑えてしまい、思い切り泣くことができなかった
  • きちんと供養ができなかった
  • ペットの遺品や写真が何も残らなった
  • ペットの思い出やペットロスを話せる人がいない
  • 後悔があり、自分を責めてしまう
  • 早く立ち直ろうと頑張りすぎる

また、ペットの死が家庭や仕事等における辛い時期や大きな変化と重なってしまった場合、ペットロスが長引いてしまうこともあります。
それまで心の拠り所だったペットが亡くなることで、より深刻な抑うつ状態に陥ってしまうのかもしれません。

ペットロスに対して、どのような予防・対処をすべきか

生前にできること

今現在ペットを飼っている方や今後飼い始めようとしている方は、日頃からペットの健康やケガに気を付けるのが良いでしょう。
「気付いた時には余命数ヶ月」「不注意で事故にあう」ということは人間でも動物でも同じように起こることなので、定期的な検診や保険加入、適切な飼い方や飼育環境づくりをすることが重要です。

ペットが亡くなるとなるべく早く火葬しなければなりません。どのペット葬儀社に依頼するか、お骨はどうするかなど、ペットが元気なうちにご家族とじっくり話し合っておきましょう。

死後にできること

ペットの死に直面し、悲しみや苦しみでどうしようもなく辛い時には、無理をせず、悲しみのままに悲しむことが、ペットロスを克服する上で最も重要です。飼い主の中には、身内や友人のペットロスに対する無理解を感じ、彼らの前で悲しみを表すことに気まずさを感じてしまう人が多くいらっしゃいます。しかし、自分の感情に嘘をついても一生トラウマとして亡くしたペットに対する感情が付きまとってしまうでしょう。したがって、悲しいときは感情のままに思いっきり泣くことが一番なのです。

また、しっかり供養することも効果があります。ペットが亡くなった直後はパニック状態に陥っていますが、火葬やペットの持ち物の整理をする中で、ペットの死を現実として受け止め、混乱した気持ちを整理することができます。
形見のお骨などをペンダントなどに入れたり、ペットの写真をメモリアルな遺影にしてくれるサービスもあります。お好みに合ったものを探してみましょう。

ペットロスの思いを共有する、自分を責めない

ペットロスの悪化を防ぎ、深刻なペットロスを克服するためには、ペットロスのつらさや悲しみを人と共有することが必要な場合がありますが、ペットが亡くなってペットロスになっている状態で、新しいペット仲間を作るということは非常に困難です。ですから、ペットが元気なうちに作ることが大切です。
どのように作るかは、ペットの協会の集まりやペットサークルに参加する、近所の散歩している人に話しをかけてみるなど様々です。インターネットやSNSもよいかもしれません。
ペットロスの克服法や体験談が紹介されていたり、あなたと同じようにペットを亡くしてつらい思いをしている人とやりとりもできます。

また少しずつ悲しみが薄れていくことに、罪悪感を覚える必要はありません。時間が経つにつれて悲しみを忘れていくのは、あなたの心を守るために必要なことなのです。
ペットの安らかな眠りのためにも、「ごめんね」ではなく「ありがとう」の言葉をかけてあげましょう。

ペット火葬無料出張地域

都道府県 市区町村(あいうえお順)
埼玉 上尾 | 朝霞 | 伊奈 | 春日部 | 川口 | 越谷 | さいたま | 志木 | 白岡 | 杉戸 | 草加 | 戸田 | 新座 | 蓮田 | 富士見 | ふじみ野 | 松伏 | 三郷 | 宮代 | 三芳 | 八潮 | 吉川 | 和光 |
都道府県 市区町村(あいうえお順)
東京 足立 | 荒川 | 板橋 | 江戸川 | 大田 | 葛飾 | | 清瀬 | 江東 | 小金井 | 国分寺 | 小平 | 品川 | 渋谷 | 新宿 | 杉並 | 墨田 | 世田谷 | 台東 | 立川 | 中央 | 千代田 | 豊島 | 中野 | 西東京 | 練馬 | 東久留米 | 東村山 | 東大和 | 文京 | 三鷹 | | 武蔵野 | 目黒
都道府県 市区町村(あいうえお順)
千葉 市川 | 浦安 | | 鎌ヶ谷 | 白井 | 流山 | 野田 | 船橋 | 松戸 | 八千代
都道府県 市区町村(あいうえお順)
茨城 坂東
  • 掲載地域外への出張をご希望の方は別途お見積りいたします。お電話(フリーコール 0120-545-794)または下記お問合せフォームかペット火葬のあにらいふ公式LINEアカウントよりご連絡・ご相談ください。
  • 条例により出張ペット火葬に向かない地域が一部ございます。場所についてはご相談ください。

出張ペット火葬料金

体重 個別ペット火葬(一任拾骨)
 ~ 1kg 16,000
1 ~ 2kg 18,000
2 ~ 3kg 19,000
3 ~ 5kg 20,000
5 ~ 7kg 21,000
7 ~ 8kg 22,000
8 ~ 10kg 23,000
10 ~ 12kg 26,000
12 ~ 13kg 27,000
13 ~ 15kg 28,000
15 ~ 18kg 32,000
  • 成体の平均体重の一覧表が御座います。体重が不明な場合は参考にしてください。
  • 炉のサイズが幅52センチ、奥行き78センチとなっていますので、それより大きい場合は体重に関わらずご依頼をお受けすることができません。大変申し訳ございません。
  • 上記価格には、交通費(無料地域)・火葬費用・お骨壺代・覆袋代・お布団3点セット・お線香・ろうそく・返骨料金・仮位牌・消費税まで含まれています。
  • 納骨の費用は含まれておりません。ご希望される方はペット霊園等をご紹介いたします。
  • オプションをご希望なさらない限り、上記の価格以上のご請求、追加料金を頂く事はございません。安心してご利用ください。

オプション

立会拾骨(お骨上げ) 2,000
  • ご遺骨をご家族様で骨壷へ納めていただくオプションです。覆袋にお包みした後、ご返骨させていただきます。ご希望の際はお問い合わせください。

自宅でのペット供養(手元供養)について

ペット火葬後のご自宅でのご供養についてのページをご確認ください。
こちらのペットロスについてメモリアルグッズのページも併せてご参照ください。

お支払い方法について

  • お伺いした際に、現金でのお支払いをお願いしております。
  • 火葬当日のキャンセルは、ご訪問価格に相応のキャンセル料を申し受ける場合があります。ご承知ください。
  • お支払い方法については「ペット火葬Q&A ご予約、お支払いに関して」も併せてご参照ください。

注意点

  • ペット火葬料金は、種別によるものではなく、ご遺体の重さによります。著しく異なる場合は測定させて頂く場合もございます。
  • 個別火葬・一任拾骨の内容については「お別れの流れ」をご参照ください。
  • 出来るだけ飼い主様がご希望する場所での火葬が出来るよう配慮いたします。

愛犬の死亡手続きについて

飼い犬の死亡手続きに関するページをご覧下さい。


ペット火葬お問合せフォーム

ご予約は弊社からの折り返しの電話連絡をもって成立となります。


ペットロスについて