愛犬の死亡届

犬 死亡届

ABOUTこの記事をかいた人

ペット火葬あにらいふ

犬の死亡届とは

飼い犬が亡くなった30日以内に、登録している市区町村に犬の死亡届を提出しなくてはなりません。
もし、届け出を行わない場合は、犬は生きているとみなされ、狂犬病の予防注射のお知らせはがきが自宅に郵送され続けることになります。また狂犬病予防法で、もし犬の狂犬病予防を行わなかった場合、20万円以下の罰金となることもあります。
死亡届を行わずにいると、知らないうちに法律違反を犯してしまうおそれがあります。犬の死亡届の手続きを行うことは、飼い主自身のためにも必要なことなのです。

愛犬が亡くなってからの30日は、葬儀や埋葬などの手続きを並行するとあっという間に過ぎてしまいます。可愛い愛犬を亡くした寂しさでとてもつらい時期ですが、ひとつの区切りとして届け出は必ず行いましょう。

他のペットで死亡届けは必要ないか?

犬以外も死亡届を義務付けられている動物がいます。
『動物愛護管理法』に基づき、人に危害を加えるとされる「特定動物」は死亡届の提出が必要です。

特定動物は一般的にペットとしては飼われないライオン、ワニ、トラ、鷲、鷹、マムシなどの人に危害を加えるとされる動物です。都道府県により定めた条例がありますので、ご確認ください。
猫・フェレットハムスター小鳥など、届け出が必要ではない動物が死亡した場合の届け出は現時点では不要です。

犬の死亡届に必要なもの

犬の死亡届を書く際に、各市町村によって変わりますが、「飼い主の住所、氏名、犬の生年月日や年齢、性別、毛色、登録年度、犬の種類、登録番号、亡くなった年月日」などの記入が必要になります。
犬の登録番号を書くには鑑札と注射済票が必要になるため準備しておきましょう。

犬の死亡届を提出したあと鑑札と注射済票を返却します。思い出の品として残しておきたい場合、相談に乗ってくださるところも多いようです。紛失した場合等不明な場合は、窓口や電話で相談して下さい。
また、もしあなたの飼っている犬が血統書つきの場合、各登録団体に亡くなったことを伝え、血統書を返却する必要がありますので、確認しましょう。

犬の死亡届の手続きの仕方

犬の死亡届を提出する方法は、大きく分けて2つあります。

1、保健所や保健センターに直接提出しに行く

最も一般的なのは、飼い犬を登録している保健所または各地域センターへ行き、その場で用紙を書いて死亡届を提出するという方法です。

死亡届には飼い主の住所と名前、連絡先、犬の登録年度、登録番号、犬の名前、生年月日、年齢などを記入し、提出します。
犬の登録年度や番号は、犬の鑑札と注射済票に記載されています。直接死亡届を提出する場合は、鑑札と注射済票も一緒に持っていきましょう。

また、死亡届の用紙をホームページからダウンロードすれば、自宅で書いて持っていくこともできます。

2、インターネットで手続きを行う

各市区町村のホームページを通して手続きを行うという方法もあります。
ホームページに載っている入力フォームに沿って、飼い主の名前や住所、犬の生年月日などの必要事項を入力し、手続きを行います。

死亡届を提出する際、犬の鑑札と注射済票は返却することになっています。郵送での返却に対応している市区町村もあるので、希望される方は確認してみてください。

自治体・役所での火葬

自治体・役所にお願いをしてペット火葬をしてもらうことも可能です。

ただし、ペット葬祭業者で火葬してもらう場合とは異なり、ペットとしてという扱いから離れてしまう可能性が高いことを理解しておかなければなりません。

  • 個別火葬や返骨はできない
  • ほとんどの自治体・役所ではクリーンセンターや、一般廃棄物として扱れる場合が多く、合同火葬が一般的な焼却方法です。最後に大切にしていたペットの火葬に立ち会う事やお骨を見る事もできないという現状があります。

  • 自治体・役所でのペット火葬の費用
  • ペット火葬費用については、お住まいの自治体・役所によって様々で、安いところであれば、1,000円前後から高いところでは10,000円前後と大きく違います。
    また引き取りにきてもらうのか、それともペットの遺体を持ち込むのかによっても、ペット火葬の費用が異なります。

    各自治体・役所によって対応が大きく違いますので、ご自身の市区町村の役場の対応方法をしっかりと確認しましょう。

犬の保険・血統書についての手続き

飼い犬が血統書団体に入っているとき

飼い犬が血統書団体に加入しているなら、血統書登録を抹消する手続きを行う必要があります。
その手続きの際、血統書団体へ血統書を送らなくてはならないのですが、手元に残しておきたいという声は多くあります。そのような場合は、手元に血統書を取っておきたい旨を団体に連絡し、書面に添えて送付してください。

飼い犬がペット保険に入っているとき

この場合、保険解約時にそれまでの保険料を日割りで請求される場合があるので、死亡日が確認できる書類を用意し、早めに保険会社へ届けましょう。多くの場合、明確な死亡日を確認するために死亡診断書や葬儀の領収書が必要となります。
また、保険会社によってはホームページ上から解約手続きを行えることもあります。

現在犬を飼っている方は、飼い犬の鑑札、注射済票をいつでもすぐに出せるよう決まったところへ収納しておきましょう。
登録されている保健所や保健センター、血統書団体や保険会社の連絡先も、書面にして一緒にしまっておくといざというときに慌てずに済みます。


【ペット火葬あにらいふ】5つのポイント

1. 24時間、夜間・休日もご利用可能です

ペットが亡くなってしまったという理由ではお休みを取りづらい方も多いかと思います。

【出張ペット火葬あにらいふ】では7~23時までお電話(フリーコール 0120-545-794)、ペット火葬のあにらいふ公式LINEアカウントからご希望のお時間でのご予約が可能です。

事前にご予約いただければ深夜・早朝問わず出張ペット火葬は24時間可能です。出来る限りご家族様がお揃いになる日時をご指定ください。

学校や会社を休むことなく、深夜・早朝でもご家族皆様のご都合に合わせた時間に個別火葬を執り行えます。

ご連絡をいただいた後、すぐに日程確認と調整をさせていただきます。ただし、土日祝日はご予約が集中しますのでお早めのご連絡をおすすめします。

また、基本はご予約優先になりますが、埼玉県八潮市近郊であれば即日対応(最短1時間)が可能な場合も御座います。

2. ご家族様の想いを大切にした完全個別火葬

「ペットは家族の一員である」との思いで、ペット火葬あにらいふではご遺体は全て個別に火葬いたします。

他のペット達とご遺骨が混ざる事は一切なく、火葬後に残るすべてのご遺骨をすぐに返骨できます。(もちろん返骨料金などはいただいていませんのでご安心してください。)

寂しさなどの心の負担が少なく、ゆっくりと供養の対処の仕方を検討することができ、ペットロス対策にもなります。

オプションにはなりますがご希望の方は火葬後、ご自身でのお骨上げも可能です。なお骨壺・骨壺カバーはすべてのプラン料金に含まれております。詳細な内容につきましてはお別れ式の流れのページをご確認ください。

3. 出張費が無料

ペット専用の火葬炉を搭載した専用の自動車で、ご自宅までお伺いいたします。

ご火葬中、ご家族様はご自宅内で待機していただけますので、

  • 育児・介護など家を留守にできない方
  • ご年配の方がいらっしゃるご家庭
  • お忙しい方、お身体の不自由な方
  • ご遺体を運ぶ手段のない方
  • 近くに葬儀(火葬)を行える施設がない方

などに非常に便利です。

出張費が無料の地域に関しましては出張可能地域のページをご確認ください。

4. 完全事前お見積りの明瞭な料金体系

体重別の分かりやすい料金体系です。ペット火葬にかかる費用は全て総額表示で記載しております。

交通費(無料地域)・火葬費用・お骨壺代・覆袋代・お布団3点セット・お線香・ろうそく・返骨料金・仮位牌など必要なものはすべてペット火葬料金に含まれており,

オプションやメモリアルグッズをご希望なさらない限り、表示価格以上のご請求は一切ございません。安心してご利用ください。

(例、「土日祝日出張による追加料金」「深夜出張による追加料金」「遠距離出張による追加料金」など一切の追加料金がございません。)

料金に関しましては料金のご案内のページをご確認ください。

5. 有資格者による安心葬儀

一般社団法人 日本動物葬儀霊園協会が実施する動物葬祭ディレクターの資格をもったスタッフがお伺いいたします。

出張ペット火葬という特性上、シンプルなセレモニーとなり豪華な祭壇などはありませんが、接客マナーと葬儀全般に関する知識を持ったスタッフがご返骨まで担当いたします。

大切なペットの旅立ちはたった一度だけです。

ご家族様はどのペット葬儀社に依頼するか、ペットのためにゆっくりと見極め、依頼されるとよろしいかと存じます。

出張ペット火葬料金

体重 個別ペット火葬(一任拾骨)
~ 1kg 16,000
1 ~ 2kg 18,000
2 ~ 3kg 19,000
3 ~ 5kg 20,000
5 ~ 7kg 21,000
7 ~ 8kg 22,000
8 ~ 10kg 23,000
10 ~ 12kg 26,000
12 ~ 13kg 27,000
13 ~ 15kg 28,000
15 ~ 18kg 32,000
  • 成体の平均体重の一覧表が御座います。体重が不明な場合は参考にしてください。
  • 炉のサイズが幅52センチ、奥行き78センチとなっていますので、それより大きい場合は体重に関わらずご依頼をお受けすることができません。大変申し訳ございません。
  • 上記価格には、交通費(無料地域)・火葬費用・お骨壺代・覆袋代・お布団3点セット・お線香・ろうそく・返骨料金・仮位牌・消費税まで含まれています。
  • 納骨料金は含まれておりません。ご希望される方はペット霊園等をご紹介いたします。
  • オプションをご希望なさらない限り、上記の価格以上のご請求、追加料金を頂く事はございません。安心してご利用ください。

オプション

立会拾骨(お骨上げ) 2,000

  • ご遺骨をご家族様で骨壷へ納めていただくオプションです。覆袋にお包みした後、ご返骨させていただきます。ご希望の際はお問い合わせください。

自宅でのペット供養(手元供養)について

ペット火葬後のご自宅でのご供養についてのページをご確認ください。
こちらのペットロスについてメモリアルグッズのページも併せてご参照ください。

お支払い方法について

  • お伺いした際に、現金でのお支払いをお願いしております。
  • 火葬当日のキャンセルは、ご訪問価格に相応のキャンセル料を申し受ける場合があります。ご承知ください。
  • お支払い方法については「ペット火葬Q&A ご予約、お支払いに関して」も併せてご参照ください。

注意点

  • ペット火葬料金は、種別によるものではなく、ご遺体の重さによります。著しく異なる場合は測定させて頂く場合もございます。
  • 個別火葬・一任拾骨の内容については「お別れの流れ」をご参照ください。
  • 出来るだけ飼い主様がご希望する場所での火葬が出来るよう配慮いたします。

愛犬の死亡手続きについて

飼い犬の死亡手続きに関するページをご覧下さい。

ペット火葬無料出張地域

都道府県 市区町村(あいうえお順)
埼玉 上尾市 | 朝霞市 | 伊奈町 | 春日部市 | 川口市 | 越谷市 | さいたま市 | 志木市 | 白岡市 | 杉戸町 | 草加市 | 戸田市 | 新座市 | 蓮田市 | 富士見市 | ふじみ野市 | 松伏町 | 三郷市 | 宮代町 | 三芳町 | 八潮市 | 吉川市 | 和光市 | 蕨市
都道府県 市区町村(あいうえお順)
東京 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 清瀬市 | 江東区 | 小金井市 | 国分寺市 | 小平市 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 | 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 立川市 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 西東京市 | 練馬区 | 東久留米市 | 東村山市 | 東大和市 | 文京区 | 三鷹市 | 港区 | 武蔵野市 | 目黒区
都道府県 市区町村(あいうえお順)
千葉 市川市 | 浦安市 | 柏市 | 鎌ヶ谷市 | 白井市 | 流山市 | 野田市 | 船橋市 | 松戸市 | 八千代市
都道府県 市区町村(あいうえお順)
茨城 坂東市
  • 掲載地域外への出張をご希望の方は別途お見積りいたします。お電話(フリーコール 0120-545-794)またはペット火葬のあにらいふ公式LINEアカウントよりご連絡・ご相談ください。
  • 条例により出張ペット火葬に向かない地域が一部ございます。場所についてはご相談ください。

愛犬の死亡届について

犬 死亡届