火葬までの保冷処置など安置方法についてご案内致します

最愛のペットを亡くされ、気が動転している中でも安らかなお姿で送り出せるよう、愛するペットにしてあげて欲しいことをご説明いたします。
大切なペットに「今までありがとう」という感謝の気持ちをゆっくりと伝えることで、飼い主様の心の傷を癒していくきっかけにもなると思います。

ご用意ください


1. 安らかな姿で安置するために

  • ペットが亡くなったら、死後硬直が始まる前に、前・後肢を胸の方へやさしく折り畳んで自然な格好で寝ているように整えてあげてください。愛用していたベッドやお手持ちの箱・段ボールでかまいませんので、棺代わりにして納めてあげましょう。
    頭を少し高くして、下に、愛用していたマットやバスタオル・新聞紙を敷くと安定します。
  • ご遺体の傷みを遅らせる処置をしましょう。
    顔や下腹部を中心に、全体を保冷剤やビニール袋で密閉した氷などで冷やしてあげましょう。寒い時期だからといって腐敗が遅くなる事はありませんので季節を問わず保冷処置は施してください。保冷剤や氷は頃合いをみて取り換えてあげましょう。
    エアコンをなるべく低い温度で設定し、ご遺体が腐敗するのを防ぎましょう。このように処置をしても、残念ですが、ご遺体の傷みは進行してしまいます。
    安置状況や個体差にもよりますが、一般的な目安は【冬場2~3日・夏場1~2日】程度です。愛するペットが、可愛いお姿のまま荼毘に付せるよう、なるべく早めに火葬の手配をすることをお勧めします。

2. ご遺体を清めましょう

  • お湯で湿らせた布などで、頭部、顔、そして全身をやさしく拭いてあげましょう。(ご遺体の鼻や口・肛門周辺から体液が滲み出た場合は、ガーゼで拭き取ってください。何度か拭いてあげると落ち着きます。あらかじめ、ペットシートを敷くとよいです。)
  • 毛並みを整え、まぶたや口を閉じ(半眼くらいで、しっかりつむってはくれません)尻尾を整えてあげましょう。
  • 最後に、バスタオルやシーツをやさしく掛けてあげましょう。

一番大好きな飼い主様にして頂けたら、きっと喜ぶと思います。

3. 祭壇を作りましょう

ご自宅のお気に入りだった場所などに、お家にあるもので構いませんので、涼しく静かな場所に祭壇を作ってあげると心も落ち着きます。(※外気に触れるとご遺体が傷みやすくなりますので、シーツなどを掛け、風通しの良い場所は避けることをお勧めします。)

せめて一晩だけでも、ゆっくりと感謝の気持ちを込めて一緒にいてあげたいものです。

飼い主様のお気持ちが落ち着きますように。。。
そして、愛するペットが無事に旅立つことが出来ますように。。。

4. 心の準備が整いましたら、葬儀の手配をしましょう。

ペットの安置が済みましたら、ペットの火葬を行う日時を検討し、火葬を行う業者に連絡しましょう。

【出張ペット火葬あにらいふ】へはお電話(フリーコール 0120-545-794)またはお問合せフォームよりご連絡・ご相談ください。

5. 無事、お別れがお済になったら・・・

ご遺体を安置する際に使用したバスタオルや保冷剤などは、衛生管理上、大好きなペットちゃんのものであっても処分しなければなりません。
基本は、ビニール袋に入れ焼却処分してください。処分方法は、お住まいの自治体のルールに従ってください。

死亡手続きの必要なペットについて

  • 犬の飼い主様

飼い犬登録をしているペットが亡くなった場合、鑑札及び狂犬病の予防注射済票を各市町村に持参し犬の死亡届出書に記入して手続きを行う必要があります。
血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。

  • 犬以外の飼い主様

死亡手続きは不要です。


お問合せフォーム