ご安置に関して

ご安置に関して

ペットの遺体に何かお世話をした方がいいですか?
生き物は亡くなると死後硬直になります。手足をピンと伸びた不自然な状態になるのを防ぐために、亡くなった早期に四肢を自然な角度に曲げてあげてください。下腹部に氷をビニールに入れたもの・凍らせたペットボトルなど保冷剤をあてて保冷処置を施し冷やした部分に外気があたらないようにタオルなどをかけてあげてください。ご遺体の鼻や口・肛門周辺から体液が滲み出た場合は、ガーゼで拭き取ってください。何度か拭いてあげると落ち着きます。
火葬までの期間、準備することはありますか?
大切なペットが亡くなった時は、飼い主様も気分が落ち込んでいることだと思います。まずはご自身の気持ちを整理し落ち着くことが大切です。まずは愛用していたベッドやお手持ちの箱・段ボールでかまいませんので、棺代わりにして納めてあげましょう。毛並みを整え、まぶたや口を閉じ(半眼くらいで、しっかりつむってはくれません)尻尾を整えてあげてください。ペットのご遺体は氷をビニールに入れたもの・凍らせたペットボトルなど保冷剤で冷やしたり、玄関等のなるべく涼しい部屋に寝かせてあげるとよいと思います。
棺は必要?
人間と違い必ずしも必要というわけではありません。ダンボールでもけっこうですし、適当な大きさの箱がなければ 普段使われていた毛布やタオル・敷物の上に安置していただいてかまいません。ご遺体によっては体液が口や肛門から出てきてしまう場合がありますので、 タオル等で頭とお尻を少し高めにしてあげてください 。

お問合せフォーム